ユーザー・エクスペリエンス・デザイン

当社のデジタルコックピット体験は、計器クラスターとインフォテインメント機能を常にアップトゥデートされた統一感のある包括的環境に統合することでユーザーエクスペリエンス(UX)を主導します。

当社のインテリジェントなパーソナライゼーションの統合により、ドライバーは、自分の声で音声会議を行ったり、ルートを設定したり、無数のタスクを安全にこなしたりできます。当社の明るく反応の速いディスプレイには、サムスンのエレクトロニクスに関する深い知識が活かされています。ハーマンは、統合された、高コントラスト比のQLED AutoスクリーンとOLEDスクリーンの業界標準を確立します。

Key Highlights:
  • 自動車メーカーが1画面のエントリーコックピットを選択しても、最大4画面のプレミアムを選択しても、すべてのレベルがセンターコンソールと計器クラスターのシームレスな統合をはじめとするドライバーのUXを最優先して設計された高度な機能を備えています。
  • 車内の機能やサービスを制御するときも、単に話しかけるだけで済みます。ドライバーと同乗者を認識し、パーソナライズすることも可能。ポータブルプロファイル、拡張現実などの機能で、パーソナライゼーションをさらに深化させ、車をIoTエコシステムに組み込むことができます。
  • 個々の画面は、ドライバーの気が散らないように、適切な情報を適切なタイミングでドライバーに提供するように細心の注意を払って設計されています。
コネクテッド・カー